フォト
無料ブログはココログ

« アレルギーの免疫抑制剤は対処療法。。 | トップページ | フード選びのご質問について »

アレルギーの免疫抑制剤は対処療法。。№Ⅱ

前回の続き。。。です。


★ アレルギーの改善策は火元を消すことが大事です。

マクロファージがSOSを察知して各部署に情報を伝える
   ↑《火災報知器》の役目をします

        

 各部署  顆粒球 《消防署①》 に細菌などの大きめの敵を連絡

        リンパ球 ヘルパーT細胞 
        
        キラーT細胞 へ出動命令を出す

        キラーT細胞 は敵を攻撃して防衛する



        B細胞 《消防署②》 B細胞は免疫をつくる  敵のデーター収集


        顆粒球で対応出来ない微少な敵はヘルパー細胞とB細胞へ連絡


 この伝達がスムーズでない身体は免疫システム消防車
 機能せず敵火災がどんどん攻めてきて悪化《大火事》します。



 投薬を続けているとこの伝達システムが麻痺して機能しなくなります

 投薬をする場合、飼い主はこのリスクを踏まえて
  お薬とは上手くおつきあいすることが大事です。



       が・・・


   あくまでもお薬は対処療法です。


    完治はしません



 ※ 伝達システムを正常にするには体質改善しかありません。



« アレルギーの免疫抑制剤は対処療法。。 | トップページ | フード選びのご質問について »

ペット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543536/66854410

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーの免疫抑制剤は対処療法。。№Ⅱ:

« アレルギーの免疫抑制剤は対処療法。。 | トップページ | フード選びのご質問について »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ