フォト
無料ブログはココログ

大切なパートナーのフード選びは?

フード選びはオーナー様の重要な役割ですね!

その子の体質に合ったフードの見極め。。
何を基本にしていますか?

SNSなどの情報過多によりどこのメーカーも拘りをPRしておりますが・・


※大切なのは文言に惑わされないことです。


原材料保障成分を勉強することによって、自ずと良いフードが分かってきます。

良いフードが分かってきたら、その候補の中から個体に合いそうなフードを3種以上候補をあげます。


決まったら1種類を3ヶ月くらい給与してみます

1か月くらいから毛ブキや毛質が変化してきます
特にわかりやすいのがダブルコートの短毛犬(柴・ビーグル・フレブルなど)

アンダーコートが浮き上がってきます。
毛艶が増し 手触りがベルベットのようにふぁふぁなります
これが第一段階クリア。。。

毛艶やコートの変化を観察しながら
筋肉の付き方や骨格を確認します

後は排泄物の匂い。。やたら臭いのはNG!

注意することは同じフードに固執しないことです。

わんこの老化は早いです。
必要な栄養素も変わってきます





パトナーに長生きしてもらう3原則 ②

に健康で少しでも長生きして欲しいですよね!

① バランスのとれた食事

② 病気をしないこと

③ 老化を少しでも遅らせること



は10歳を境に坂を下るように体力含め全て衰えてきます




ドックフードは決して総合栄養食ではありません

① バランスのとれた食事 

これが一番のキーポイント!

#医食同源 


病気を未然に防ぎ 老化のスピードを遅らせる為には・・・


必要なミネラルを補給して体内に酸素を送り込むことが大切です。





出来るだけお薬に頼らないで犬生を全うして欲しい❤

neneの逆くしゃみ(*_*)がっ!!

今朝 朝の支度をしながら。。。



あれっ 

そう言えば・・・あの苦しそうな 逆くしゃみ がっ

neneに1年以上、出てない と今頃気が付いた飼い主。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


これは 酸素カプセルのおかげか


循環器にも効果があるとは聞いてはいました

neneだけなので確信はありませんが

まさかの逆くしゃみの改善に役立っているとは・・・



定期に酸素カプセルに通って頂いている

マルチーズのベリーちゃんも器官虚脱の発作も治まっていて

もちろん、心臓も軽度の不整脈ですんでいます

投薬も無く過ごせています。



いざという時のシニア用品準備中の 私・・

ネプライザーは買い物かごから外します\(^o^)/



体内の末端まで酸素を送り込むことによって

沢山の疾患を未然に防ぎ改善出来る



まだまだ 高気圧酸素の知名度がイマイチな地域ですが

ご理解頂ける時期がきっとやってくると信じています












わんこのシニア対策はいくつから始めますか?

犬の年齢人の年齢
2か月 2〜3才
3か月 4〜5才
4か月 6〜8才
5か月 9〜10才
6〜8か月 11〜13才
9か月 14〜16才

【1才以降の人間年齢換算早見表】
小〜中型犬の場合大型犬の場合
犬の年齢 人の年齢 犬の年齢 人の年齢
1才 17歳 1才 12歳
2才 24歳 2才 19歳
3才 28歳 3才 26歳
4才 32歳 4才 33歳
5才 36歳 5才 40歳
6才 40歳 6才 47歳
7才 44歳 7才 54歳
8才 48歳 8才 61歳
9才 52歳 9才 68歳
10才 56歳 10才 75歳
11才 60歳 11才 82歳
12才 64歳 12才 89歳
13才 68歳 13才 96歳
14才 72歳 14才 103歳
15才 76歳 15才 110歳

「いぬのきもち」よりコピペさせて頂きました。



人間も20歳を過ぎる頃から坂を下るように老化が始まります。


我が家の ここ音 今現在、生後7か月ですが3ヶ月で迎えてすぐに始めました。

少しでも老化を遅らせる為でもありますが
成長期でもあるので身体をしっかりつくり
又、病気に負けない身体をつくること 
3歳くらいから疾患が出てくることを予測して未然に防ぐ為でもあります。

オーナー様方の中には症状が出てからとお考えの方も多いかと思います

年齢を重ねるとサプリメントの吸収力の問題なども考えられます

又、多数のサプリを給与しなければならないリスクもあります
なのでコストの面も厳しくなります



何に対しての対策をしなければならないのか・・・

その犬種によっても違います
個体差でも変わってきます



大型犬も小型犬も遅くとも2・3歳までには・・
考えて頂いた方が良いかと思います


わんこの老化はマッハです。


医食同源
健康で長生きが一番

日本は農薬使用量 №1

添加物大国日本! 


併せて(;゜ロ゜)
 農薬使用量トップ!



人用で認可している農薬


フードの原材料で使用していないのか?




国産のペットフードで

特に小規模メーカーはOMEのところが多く 

マージンが発生するのか・・・は?ですが

高価なフードが多いような気がします。

何故この原材料でこの値段なのかと。。。ビックリするメーカーもあります。


値段が高いと良い原材料を使っていると信じて購入している

飼い主様もいらっしゃるかも知れません(^0^;)

※国産メーカーさんでも拘っているところもあります



 本当に良いフードを分かって頂けるオーナー様!

 パートナーにとってBestなフードを求めているオーナー様!

 毎日の食事で病気をしにくい身体をつくれると信じてくれるオーナー様!



一人でも多く 大切な家族の食事に興味を持ってくれる

飼い主様が増えることを願いつつ

ジャンクなペットフードが無くなる世の中になってくれることを願って

今年も発信していけたらと思っております

2018~2019年 年末年始のお知らせ

2018年12月及び2019年1月の休業日について


12月24日(月)25日(火)

29日(土)~31日(月)


2019年1月1日(火)~8日(火)

お休みとなります<m(__)m>

添加物大国 日本!!

日本の添加物事情 認可している数は莫大!

  世界でもトップクラスです。

国が認可しているから安全??

表示義務の無い添加物も沢山あります。




あなたの愛するお子さんが食べているお菓子は大丈夫でしょうか?

菓子パンは大丈夫でしょうか?


綺麗に梱包されている 

そのパッケージから怖い物質が流れ出していたら。。。





人間用がこの状態でのペットフードの国産事情ってどうなの


日本はペットが口にする物でも食品ではありません。


小物扱いってご存知でしたか?





日本はペット用品は取り締まることの無い無法地帯です。


勿論、原材料や成分表示も義務化されていません。


驚くことに発癌の恐れのある保存料も認可している現状です。

病院で販売しているから安全??



ペットフードだけではありません。

シャンプーやコンディショナー・サプリメント・消臭剤・衛生用品などにも。。。


海外では認可されていない添加物が当たり前のように入っていても

    【無添加】 と表示されています

  • 今食べているフードは大切なパートナーの体質に合っていますか?

    同じフードをずっ~と給与していませんか?


    今は簡単にで購入できる時代です。



    体系や体質 また 毛ブキや毛質を観察して決めていますか?





    毎日、一緒にいるからこそ変化に気が付かないってこともあります。

    後はオーナー様の思い込みだったりも・・・



    排泄物が大きいから良いフード???

    良く食べるからこの子に合っている???

    病気しないからこのフードが良い???



    ① フードの購入先はより沢山のメーカーが揃っているお店で購入しましょう。

     (10頭10色  に適切なフードの選択肢が多い方が良い)

    ② 原材料や保障成分値を詳しく説明してくれるお店で購入しましょう。
     
     ( 疾患を持っている場合や体質・年齢など保障成分値がとても重要になります)


    ③ いつも新鮮なフード購入しましょう。

     ( 湿度温度管理により劣化や酸化も早まり栄養素も欠損します)


    ④ 体質や毛ブキなど個体差を見極めて選んでくれるお店で購入しましょう。

     (個体差により必要栄養素が変わってきます)

    【安心安全なフードを扱っているお店が大前提です】



    食は命を守るとても重要なことです。

        医食同源 

    病気をしない身体をつくってあげるのはオーナー様の大切な役割です。

    秋のアレルギー(/_;)

    季節の変わり目のこの時期。。

    「うちの最近カイカイしてるのよねぇ~」って耳にします


    花粉の時期でもあるので空気清浄機などで対策を取るのも良いとは思います。


    又お洋服を着せて花粉に触れることを防ぐ対策や毎日のブラッシングなどで花粉を除去することも大切です


    が・・・・

    病院へ駆け込む方も多いかと思います
    お薬は対処療法です。

    出来るだけ投薬は避けたいですね!
    根本はお薬では体質改善できません。

    免疫抑制剤の常用は悲しい結果になることを踏まえて

    かかりつけのDrへご相談しましょう。


    詳細は過去記事をご覧ください 
    食物アレルギーや環境アレルギーなどはアレルゲンを探せば解決します。


    アトピーの場合も時間はかかりますが体質改善で軽減出来ます。。
    投薬は自然治癒力を無くしてしまいます
    お薬は最後の手段です

    まずはパートナーへ負担の無いように❤

    酵素のはたらき。。

    数年前にUPした記事です

    復習の為に・・・

    まず 酵素のはたらきは

    潜在酵素はもともと備わっていて 一生一定量しか備わっていない消耗物です。

    潜在酵素がなくなると 命が尽きます。

     

          潜在酵素には 

      ① 消化酵素 → 食事などから消化し栄養を吸収する。

      ② 代謝酵素 → 新陳代謝 有害物質の除去 自然治癒力 免疫力UP




       酵素は熱に弱い。 (加熱処理された食品には酵素は含まれません。)
       ※ドライフードの殆どは加熱処理されています

       酵素が欠損すると病気になります。



    一定量しか 無い酵素を摂取するには  外から食物酵素を取り入れること。

    加熱処理していない果物・野菜・魚・肉・発酵食品など


     

    特に乳酸菌には食物酵素が多く含まれています。



    善玉菌の代表格が乳酸菌です。



    乳酸菌の働きは


    糖類や炭水化物を発酵させて多くの乳酸をつくり 有害となる菌の働きを抑える。

    免疫力を高め アレルギー作用を緩和し 有害な菌を退治するなどの効果を発揮します。





    注:ヨーグルトを給与なさるオーナー様もいらっしゃるとは思いますが
    ※ヨーグルトの殆どは滅菌されの殆どは腸まで届かないと言われています。

    «週刊新潮【愛犬】【愛猫】が食べてはいけないペットフード!について

    最近のトラックバック

    2019年5月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    ウェブページ